避妊ピルとは1960年代にはノルエチステロンが開発され「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という女性ホルモンが含まれている経口避妊薬です。飲むと体のホルモンバランスが妊娠したときのような状態になり、排卵が抑制されるため、避妊目的と避妊以外の副効用目的で、全世界で1億人以上が服用しているのです。日本でも、学生や未婚の女性だけでなく、妊娠でまだキャリアを中断したくない女性を始め、多くの女性が使用しています。

避妊ピルの種類

避妊ピルは使用目的によって、中用量と低用量の2つに分けられます。

中用量は主にホルモン異常などの病気に対して利用されています。ホルモン量の多いピルですので、医者の指示の元に使用する事になり、実際かなりの副作用がありますので注意しなければいけないピルになります。通常ピルと言った場合には低用量ピルの事を話していいると思って下さい。

低用量ピルは避妊目的でが月経トラブルの改善をはじめとした婦人科系疾患の治療なども使用されています。また、ホルモン量の変化によって「一相性ピル」「二相性ピル」「三相性ピル」の3種に分かれています。個人によって飲み合せや相性もあるので、医師に相談して自分に一番合ったものを見つけると良いでしょう。下記の処方も可能です。ご相談ください。

ピルの使用方法

ピルの使用方法は1日に1錠を、生理開始時から飲み始めるのが基本です。朝9時に飲む人は、次の日も朝の9時ごろに飲んでください。成分が入っている薬を21日間飲みます。その後7日間は飲まない、またはプラセボ(偽薬:ぎやく)という成分の入っていない薬を飲みます。21日間飲み続けた後、3~4日後ぐらいに月経があります。翌月以降も服用を継続すれば常に避妊効果を得られるようになります。

避妊の効果を維持するには、継続的に飲むことが大切です。継続服用すべき期間に1日飲み忘れた場合は、24時間以内であれば、飲み忘れに気づいたタイミングですぐに1錠を飲みます。そして、その日の分も予定の時間通りに飲みましょう。

ピルの副作用

ピルの副作用として、主に、吐き気、頭痛、乳房の張り、倦怠感や不正性器出血、体毛が濃くなる、ニキビができやすくなる、太る、むくむなどが挙げられます。吐き気や頭痛、倦怠感、少量の不正性器出血は、ピルの服用開始から1~2週間くらいの時期に起きることがありますが、およそ2~3か月すれば治まってくるといわれています。体質に合わないと感じた場合は、違う薬に変更できないか医師に相談してみるのもよいでしょう。

避妊薬をおすすめ

アイピル

トリキュラー

ロエッテ

悩み解消おすすめ:バイアグラについての説明するサイト